安心で確実性の高い埋没法で理想的な二重まぶたを作る


安心で確実性の高い埋没法で理想的な二重まぶたを作るブログ:26 10 2015


生まれたばかりの男の子を抱いたとき、
ミーはもろくて壊れそうだと感じました。

これまで出会った何者にも似ていない赤ん坊は
ただ弱々しく震えるばかりで、
ミーはかたまってしまいました。
人の命をこれほど間近に感じたのは初めてでした。

無事に育ってくれるかどうか不安でたまりませんでした。
今1歳になった男の子は連日笑顔を見せてくれます。

ミーは、ときどき実家に帰って父親に会います。
月並みですが、老けたなぁと感じます。

息子のときから、
父親とはあまりいい関係を築いてきたとは言えません。

いま父親を見て、不器用な人だなと思います。
摩擦も多かったことでしょう。

でも、ときどき、
父親の中に自分の姿を見ることがあります。

男の子も、
どこかでミーに似るのかもしれません。

勝手に学校や仕事を辞めてしまうかもしれないし、
知らないうちに家族を作っているかもしれません。
そうなったら多少苦労するだろうな…とは思います。

ただ、何があっても
戻れる場所を作っておこうとも思います。

まだ男の子がこの世に存在する前に、
もし障害を持って生まれてきたら…ということを考えました。
もしかすると父親もまた、
同じことを考えていたのかもしれませんね。

連日の生活は
確かに息子中心になっています。
妻との会話もほとんどが息子がらみの話です。

人の子は
こんなにも愛情を必要とするものだったのですね。

今もまた腕の中で眠ってしまった我が子が、
そんなことを忘れて自立した後でも、
父母の方にはいつまでも記憶が残るものでしょう。

今はまだ父母の指を握るのが精一杯のその手のなかに、
そのまた息子を抱える日が来るのでしょうか…



このページの先頭へ戻る