このメニューでは整形とプチ小顔術についての情報をお届けしています。
大人気のプチ整形術として知られるボツリヌス・トキシン注入法

大人気のプチ整形術として知られるボツリヌス・トキシン注入法


大人気のプチ整形術として知られるボツリヌス・トキシン注入法
プチ小顔術の代表的なものと言えばエラのボツリヌス・トキシン注入となります。
数ヶ月に一度定期的にボトックス注射を施すことで、貴方が望んでいる小顔を徐々に実感することが出来るでしょう。

硬い食べ物を必要以上に噛まれることでエラの筋肉を沢山使われますので短期間で戻ってしまうこともあります。
また注射の跡が赤くなってしまうこともありますが、徐々に改善されますのでご安心ください。
顔のエラにボツリヌス・トキシンを注入する場合におきましては、持続期間は個人差もございます。
もしボトックス注射の効果が薄れてきたら、再度美容クリニックへ足を運び治療を施していく必要があります。



大人気のプチ整形術として知られるボツリヌス・トキシン注入法ブログ:13 10 2017

わたしの祖母は、91歳のアケさん。
4年間に妹と
お子さん2人(わたしの母・叔父)を次々に亡くした。

母を亡くした年の暮れに脳溢血で認知症になった。

親戚や知人は「これで良かったんかの…」と言った。
正気のままではアケさんが可哀想だと…

妹はともかく、
お子さんに先立たれることは何よりも悲しく辛い。
まして、年老いて出来たお子さん2人に先立たれるとは…

初孫であるわたしが県外からこの地に来てもう9年、
アケさんの介護を始めて6年以上経つ。

畑仕事が大好きで
「八百屋でもやるの?」というぐらいたくさんの野菜を作っていた。
毎午前中、畑から採ってくるブロッコリーが大好きだった。

野菜のほかにもキレイな花をたくさん育ており、
家の中は四季折々の花が飾られていた。

脳溢血になり、要介護2になったアケさん。
6年の歳月で今は要介護4になってしまった。

わたしが「孫」だということは分かっておらず、
「しーちゃん」という存在でしかない。

アケさんとしーちゃんの2人暮らし。
要介護4、在宅介護はギリギリの状態だ。

デイサービスというものがあって本当に助かっている。
一人でする在宅介護は並大抵のものではない。

「孫が一人で祖母の介護をしている」という現実に、
周りもとても良くしてくれる。

約6年半介護しているうちに
「当たり前」の「日々」になったが、
介護し始めの頃は多くの苦悩があった。

「お子さんに還る」という言葉その通りで、
いつでもどこでもわたしの存在を探す。
わたしがいないとダメなようだ。

そんなアケさんを、わたしは失礼ながら可愛くてたまらない。

わたしは小さい頃から本当に可愛がってもらい、
多くのことをアケさんの生き様で教えてもらった。
そんなアケさんに、今やっと恩返しできている。

大人気のプチ整形術として知られるボツリヌス・トキシン注入法

大人気のプチ整形術として知られるボツリヌス・トキシン注入法

★メニュー

皮膚のそばかすの治療で必要となる施術料金
ほくろをレーザー治療することによって美しい皮膚を作る
自分で好きなデザインを選ぶことの出来るまつげエクステ
悩みのほくろやいぼ対策には炭酸ガスレーザーが効果的
大人気のプチ整形術として知られるボツリヌス・トキシン注入法
ケミカルピーリングなら簡単に皮膚のニキビを治療する
しみの治療で綺麗な皮膚が蘇る
安心で確実性の高い埋没法で理想的な二重まぶたを作る
正常組織に対して悪影響の無いlp-yagレーザー
皮膚に出来てしまった悩みのたるみを改善する効果的な治療


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)覚えて納得美容術♪これが豊胸